基礎化粧品の選び方のポイント

30代のお肌は、曲がり角に突入する大事な年代であり、基礎化粧品選びのポイントも20代と若干異なってきます。

例えば、基礎化粧品選びのポイントの1つが保湿性にあり、肌の水分量を高めてくれる化粧品選びが重要です。

30代では肌の水分量が減少してくるために、乾燥しがちな肌に陥りやすく、ハリがなくなりシワが目立つようになりますし、乾燥することによってたるみを引き起こし、毛穴目立ちなども起こってしまいます。

さらにコラーゲンの量も減少してしまう年代でもあり、保湿性とコラーゲン生成力を高めてくれる基礎化粧品選びがポイントです。

さらにポイントとなるのが、肌のターンオーバーを正常化する基礎化粧品を選ぶということも大切で、30代という年代は、仕事をしながら育児も行う多忙な年代でもあり、ゆっくりと休むことができずにストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

こうしたストレスは、肌に大きな負担となり、ターンオーバーの乱れに繋がってしまいやすい特徴があります。

20代の頃に比べ、シミができやすい・ニキビ跡が消えにくいなどの肌トラブルを感じた場合、ターンオーバーの遅れが原因であることが挙げられます。

肌周期というものは20代では28日周期で肌が生まれ変わりますが、30代では40日程度の周期で生まれ変わりやすく、肌の老化を早めてしまいます。

そこでターンオーバーを正常化してくれる基礎化粧品が必要になります。

さらに基礎化粧品の選び方で大切なことの1つが、外部刺激に弱い30代の肌のバリア機能を高めてくれる基礎化粧品選びも大切で、早い段階で対処しておくことも重要です。

こうしたポイントを踏まえた基礎化粧品でオススメなのが、薬用コラーゲンゲルで、保湿にこだわり、美白までもサポートしてくれ、多忙な30代のお手入れに便利なオールインワンゲルになっています。

高い保湿力と、透明感とシミを防ぐホワイトニング成分をプラスしてあり、使い続けることで年齢に負けない肌へと導いてくれます。